FC2ブログ

英検の勉強しようよ!

経験者による英検対策法や英語学習法の紹介

    

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ過去問を勉強することは大切なのか?

皆さんはパレートの法則を知っているでしょうか?この法則を知っていると英検対策が見えてきます。では詳しく説明しましょう。

パレートの法則とはイタリアの経済学者のパレート氏が発見したもので、別名80:20の法則と言います。
具体的な例を挙げると「売り上げの80%は、20%の製品で生み出している」や「仕事の成果の80%は、費やした時間の20%で生み出している」といったものがあります。

簡単に言うと「大事なのは全体の20%」ということです。

この法則は自然界の色々な場面で当てはまるそうです。もちろんこの法則は英検にも当てはまります。しかもこれを知っておくと英検の勉強が非常に楽になります。

ではこのパレートの法則を勉強に当てはめるとどうなるでしょうか?こういうことです。

試験の問題の80%は試験の範囲の20%から出題される

「本当にそうなの?」と不思議に思われる方もおられるでしょうが、本当に当てはまるそうです。

でも良く考えたらその点は納得できます。

英検の試験範囲はかなり広いです。その範囲の中で問題作成者は試験問題を作らなければなりません。問題のレベルを試験ごとに変えてはいけませんので、おのずと出される問題は決まってきます。

ということで範囲の20%の勉強をしてれ80%は解くことができるのです。

ではどうすれば試験に出題される20%を知ることができるのでしょうか?

じつはいい道具があるのです。それは・・・

過去問です。

次回は過去問の効果的な活用法について考えます。

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://eikenstudy.blog79.fc2.com/tb.php/4-634898d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

がーねっと

Author:がーねっと
私の経験が皆さんの勉強の役に立てばうれしく思います。英語学習は大変ですが一緒に頑張っていきましょう(^^)
相互リンクも受け付けています。相互リンクを希望される方は「はじめに」をお読みください。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。